投稿

ラベル(Youtubeチャンネル ピアノねこだより)が付いた投稿を表示しています

杉山長谷夫作曲「出船」ピアノ教室CATピアノねこだよりのブログ

イメージ
  クラシック音楽としての日本歌曲? それとも歌謡曲? 杉山長谷夫氏が作曲した「出船」は、船が港を出港する情景と親しい人との別れる時の心境を表した日本歌曲です。 「出船」はユニークな曲です。 というのは、この歌を歌唱している歌手の方々がオペラ歌手だけではなく、流行歌を得意とする歌手であったり、演歌歌手であったりするからです。 YouTubeで「出船」を 聴くことができる動画を探してみました。 藤原義江氏は、日本における オペラ、オペレッタの普及、クラシック音楽の大衆化に影響が大きかった浅草オペラの人気歌手でした。 浅草オペラは、大正時代の1917年から1923年の間、東京の浅草で上演されたオペラやオペレッタのことです。 彼は浅草オペラに出演していた頃は正式なクラシック音楽の教育を受けていませんでしたが、その後、イタリアに留学。数々のイタリアの地方小歌劇場に出演。1931年にはパリのオペラ= コミック座のオーディションにも合格しているそうです。日本のオペラ団体「藤原歌劇団」の創設者でもあります。 またオペラだけではなく、流行歌も歌っていて、年末恒例のテレビ番組である紅白歌合戦に出演しています。 紅白歌合戦は大晦日、日本のNHKで放送されている番組です。その年に人気のあった歌手が出演します。 藤山一郎氏は、1933年(昭和8年)に東京音楽学校声楽部(現在の東京藝術大学)を卒業しました。 東京音楽学校在学時より、歌謡曲をレコーディングしており、「藤山一郎」の芸名では流行歌、本名である「増永丈夫 Masunaga Takeo 」では、クラシック音楽の声楽家、作曲家、指揮者として活躍しました。 美空ひばり氏は歌謡曲の国民的歌手ですよね。女性としては低い音域で歌っています。 美空ひばり氏と同世代の歌手、島倉千代子氏。透き通った声質に日本の演歌独特のビブラートであるこぶしがかかっているのが特徴です。 現役世代の歌手では、石川さゆり氏。この人も演歌歌手です。 ここに上げた方々は、NHK紅白歌合戦に出演経験があります。 その中で、クラシック音楽の正式な教育を受けた声楽家は、藤原義江氏と藤山一郎氏です。 世代的には、大正時代から昭和時代に活躍した方々です。 美空ひばり氏が歌手活動を開始した頃の1946年、1947年は、藤原義江氏も藤山一郎氏も現役で活躍されています。 美空ひばり氏はクラ

チェルニー125のパッセージ練習曲125番 ピアノ教室CAT ピアノねこだよりのブログ

イメージ
 チェルニー125のパッセージ練習曲の最終曲。 125番は、あなたのチェルニーの練習曲のイメージを良い意味で変えるでしょう。 日本人のピアノ教師は、チェルニーのピアノ練習曲が大好きです。 100番練習曲、リトルピアニスト、30番練習曲、40番練習曲、50番練習曲。 これらのいずれかを弾いたことがあるピアノ学習者は多いと思います。 または、すべて順を追って弾いたことがある方も多いと思います。 それほど日本人ピアノ学習者にとって、チェルニーのピアノ練習曲はピアノ教本の定番といえます。 チェルニー125のパッセージ練習曲は、定番のコースからは外れていますが、ピアノ教師が使いやすい、練習効果が高いといった意見があります。 私もこの意見に同感です。 30番練習曲と比べて曲が短いので、普段、短い時間しか練習できないけれど、その練習時間を有効にしたい方におすすめです、 チェルニーの練習曲というと、一般的には指を強くする、速く動かす為と思われていますが、色々な曲調があることがわかります。   この125番は4声のポリフォニーで作曲されています。 ポリフォニーとは? 合唱曲を想像してもらうとわかりやすいと思います。 ソプラノ、アルト、テノール、バスの4つのパートがそれぞれの旋律を歌っています。 これをひとりの2本の手、指で弾き分けるのです。  チェルニー125のパッセージ練習曲125番 https://youtu.be/WrkUrxMzZaU?si=LfVsC-V-3OhRprYt  演奏 by  pianonekodayori  チェルニー125のパッセージ練習曲125番は、嬰ト短調というシャープが5つある調性の曲です。 同じ嬰ト短調で、J.S Bach  平均律クラヴィーア曲集第1巻18番 プレリュードをご紹介します。 この曲とチェルニー125のパッセージ練習曲125番を聞き比べると、よく似ていると思います。 演奏 by pianonekodayori  チェルニーは、古典派時代の作曲家で、ベートーヴェンの弟子でした。 ベートーヴェンはチェルニーを教えるのに、J.S.バッハの息子であるC.P.E バッハの教則本を用いたそうです。 チェルニーは、J.S.バッハ、スカルラッティ、モーツァルト、クレメンティ、ベートーヴェンの作品を学んで、作曲の腕を磨いたそうです。 ポリフォニーで書かれ

シューマン 小さなフーガ(ユーゲントアルバムOp.68-40,ソナチネアルバム1 30 番) ピアノ教室CAT ピアノねこだよりのブログ

イメージ
シューマン 小さなフーガ ユーゲントアルバムOp. 68-40 (ソナチネアルバム1  30番) 演奏 ピアノねこだより(by pianonekodayori ) シューマン  小さなフーガはユーゲントアルバムOp.68の第40曲です。 曲の構成は前奏曲とフーガの2つの部分からなります。 初めの前奏曲は牧歌のようで、どこか懐かしい感じがします。 前奏曲は主に2声で、右手で弾く旋律と左手で弾く旋律が絡み合うように演奏されます。 右手と左手の旋律の音域が重なる箇所では、両手が本当に重なるので、2つの旋律をスムーズに弾くためには、指の柔軟性が必要になります。 フレーズがどこまでつながっているのかを意識して弾くと良いと思います。 この前奏曲は、小さな子が「なぜ、なんで?」と問いかけているように、ため息の音型が折り重なるように展開していきます。 つづくフーガはスタッカート(音を短く切って弾く)が多く指示されていますが、ノンレガート(音をつなげないで弾く)と私は解釈しました。 同じように音符に点(スタッカート)が書かれていますが、その音によって意味が変わると思います。 アクセントを入れる、軽く弾く、ベースを重めに弾くなど、工夫してみると曲の流れが動きます。 転調がある時には、音色を変えてみると良いと思います。 テンポの取り方ですが、私は少し遅めに弾いているかもしれません。 前奏曲とフーガのテンポを同じにすることで、2曲の関係性がより感じられると思います。 またフーガは遅めのテンポではっきりとした音で演奏することで、緊張感が高まった部分と緊張感から開放された部分の差が際立つと思います。 前奏曲とフーガ、というとJ.S バッハの平均律クラヴィーア曲集を思い浮かべる方も多いと思います。 シューマンの小さなフーガを弾くには、バッハの作品であれば、平均律クラヴィーア曲集の前に練習する三声シンフォニアを何曲か弾いた経験があると、楽になると思います。 ところで、このシューマンの作品は、ソナチネアルバム1にも掲載されています。 またバッハの平均律クラヴィーア曲集第1巻より第1番前奏曲(グノー作曲アヴェ・マリアの伴奏に用いられたことで有名ですよね。)も掲載されています。 J.S Bach 平均律クラヴィーア曲集第1巻第1番BWV.848 https://youtu.be/YDlIz3kCmxc?

モーツァルト ピアノソナタKV.545第2楽章 ピアノ教室CAT ピアノねこだよりのブログ

イメージ
  曲が簡単なほど、音楽的に表現することは、むずかしい。 モーツァルト ピアノソナタ第16番K.545は、ソナチネアルバム1に掲載されており、ピアノ学習者が初めて弾くモーツァルトのピアノソナタになることが多いと思います。 前回はモーツァルト  ピアノソナタK.545 第1楽章について、趣味でピアノを習っているお子さんとその保護者の皆さん向けに解説しました。 今回は、第2楽章です。 この第2楽章のように、ゆったりとした速さの曲のことを緩徐楽章と言います。 テンポが遅めの曲は易しいと初心者の方は、初めは思うでしょう。 ところが、弾いてみると初心者の方は、テンポが遅めの曲はむずかしいことを理解するでしょう。 初心者の場合、まず自分の意図したようにテンポを遅めにすることが難しい。 ゆっくり弾くということは、1音にかかる時間もゆっくりしているので、1音1音をしっかり鳴らすために、指で手をしっかり支える必要があります。 指で手を支えきれないため、演奏者が意図したものよりテンポが速くなっていくわけです。 そもそも趣味でピアノを習っているお子さんの場合、緩徐楽章は練習しないこともあると思います。 それは、いくつか考えられる理由があります。 1 第1楽章や終楽章のように速いテンポの曲のほうが、指が回るようになるから。 2 緩徐楽章は表現の仕方が難しく、曲調も子どもには向かないから。 でも本当に、そうでしょうか? モーツァルトのピアノソナタK.545第2楽章は、美しい曲です。 明るさと切なさと、苦しみ、すべての感情を包み込むような美しい曲です。 楽譜を見る限り、これだけ音はシンプルなのに、深みのある音楽は、なかなか見ることができないと思います。 この曲を表現するのには、様々なテクニックを使って、1音1音の意味を考えて音を出すことが必要です。 しかし、そんなに難しいことだと思わないで下さい。 ここまで弾けるようになったのは、あなたの努力の結果です。 ぜひ緩徐楽章にも挑戦して、あなた自身が感じたことを表現してみましょう。 ピアノを弾くためのテクニックは、あとから身につきます。 ご一読頂き、ありがとうございました。 またお会いしましょう!

ダカン かっこう ピアノ教室CATピアノねこだよりのブログ

イメージ
  ダカン かっこう Daquin Le Coucou  by pianonekodayori 私がダカン作曲「かっこう」を演奏するときに気をつけたこと。 小さな子どもに教えるときに気をつけること。 ルイ・クロード・ダカン(1694年生まれ〜没年1772年)はフランス人の作曲家です。 日本でいうと1694年〜1772年は江戸時代になります。 1694年ごろは第5代将軍、徳川綱吉、そして1772年ごろは第10代将軍、徳川家治が日本を治めていました。 1702年頃は赤穂浪士の事件があったり「奥の細道」で有名な松尾芭蕉が活躍していました。 1694年から1772年の間に活躍した文化人は、浮世絵師の葛飾北斎などがいます。 ダカンが「かっこう」を作曲した時の楽器は、ピアノの前身と言われる鍵盤楽器、クラヴサンでした。クラヴサンは英語ではハープシコード、ドイツ語ではチェンバロと呼ばれています。 クラヴサンと現代のピアノでは音を発する仕組みが違います。 私はこの古典楽器を弾いたことがないですが、現代のピアノで演奏するということは古典楽器のときとアプローチが違うのだと思います。 現代のピアノで演奏するとき、大切なことは、音の粒を揃えて弾くことです。 音の粒を揃えて弾くとは、音質を揃えて弾くということです。 左右の手のどちらで弾いても、音の粒(音質)が揃うように弾きます。 私が「かっこう」を弾いたとき気をつけたこと。 かっこうは2羽いる。 または、深い森の中にかっこうの鳴き声がこだまする。 左手の音型が、かっこうの鳴き声を模していることはわかりやすいですが、右手にも「かっこうの音型」が隠れています。右手の旋律は、ただ音の粒を揃えて弾くだけではなく、隠れている「かっこうの音型」を意識しました。 柔らかく軽い音色で、右手と左手の2つの旋律の絡み合いを表現しました。 ここでも、ただ音を均一に揃えてはいません。指を動かして軽く弾く、指先を固定して肘から落とすように弾くなど色々な弾き方を使って、お話をしているかのように聞こえるようにしました。 私が「かっこう」を小さな子どもに教えるとき気をつけること。 左手のかっこうと右手の旋律。 趣味でピアノを習っている小さな子どもの場合、まだ音の粒を揃えて弾くことができません。 まず音の粒を揃えて弾けるようになることが、基本で大切なことです。 色々な弾き方は