投稿

6月, 2024の投稿を表示しています

チェルニー125のパッセージ練習曲125番 ピアノ教室CAT ピアノねこだよりのブログ

イメージ
 チェルニー125のパッセージ練習曲の最終曲。 125番は、あなたのチェルニーの練習曲のイメージを良い意味で変えるでしょう。 日本人のピアノ教師は、チェルニーのピアノ練習曲が大好きです。 100番練習曲、リトルピアニスト、30番練習曲、40番練習曲、50番練習曲。 これらのいずれかを弾いたことがあるピアノ学習者は多いと思います。 または、すべて順を追って弾いたことがある方も多いと思います。 それほど日本人ピアノ学習者にとって、チェルニーのピアノ練習曲はピアノ教本の定番といえます。 チェルニー125のパッセージ練習曲は、定番のコースからは外れていますが、ピアノ教師が使いやすい、練習効果が高いといった意見があります。 私もこの意見に同感です。 30番練習曲と比べて曲が短いので、普段、短い時間しか練習できないけれど、その練習時間を有効にしたい方におすすめです、 チェルニーの練習曲というと、一般的には指を強くする、速く動かす為と思われていますが、色々な曲調があることがわかります。   この125番は4声のポリフォニーで作曲されています。 ポリフォニーとは? 合唱曲を想像してもらうとわかりやすいと思います。 ソプラノ、アルト、テノール、バスの4つのパートがそれぞれの旋律を歌っています。 これをひとりの2本の手、指で弾き分けるのです。  チェルニー125のパッセージ練習曲125番 https://youtu.be/WrkUrxMzZaU?si=LfVsC-V-3OhRprYt  演奏 by  pianonekodayori  チェルニー125のパッセージ練習曲125番は、嬰ト短調というシャープが5つある調性の曲です。 同じ嬰ト短調で、J.S Bach  平均律クラヴィーア曲集第1巻18番 プレリュードをご紹介します。 この曲とチェルニー125のパッセージ練習曲125番を聞き比べると、よく似ていると思います。 演奏 by pianonekodayori  チェルニーは、古典派時代の作曲家で、ベートーヴェンの弟子でした。 ベートーヴェンはチェルニーを教えるのに、J.S.バッハの息子であるC.P.E バッハの教則本を用いたそうです。 チェルニーは、J.S.バッハ、スカルラッティ、モーツァルト、クレメンティ、ベートーヴェンの作品を学んで、作曲の腕を磨いたそうです。 ポリフォニーで書かれ

シューマン 小さなフーガ(ユーゲントアルバムOp.68-40,ソナチネアルバム1 30 番) ピアノ教室CAT ピアノねこだよりのブログ

イメージ
シューマン 小さなフーガ ユーゲントアルバムOp. 68-40 (ソナチネアルバム1  30番) 演奏 ピアノねこだより(by pianonekodayori ) シューマン  小さなフーガはユーゲントアルバムOp.68の第40曲です。 曲の構成は前奏曲とフーガの2つの部分からなります。 初めの前奏曲は牧歌のようで、どこか懐かしい感じがします。 前奏曲は主に2声で、右手で弾く旋律と左手で弾く旋律が絡み合うように演奏されます。 右手と左手の旋律の音域が重なる箇所では、両手が本当に重なるので、2つの旋律をスムーズに弾くためには、指の柔軟性が必要になります。 フレーズがどこまでつながっているのかを意識して弾くと良いと思います。 この前奏曲は、小さな子が「なぜ、なんで?」と問いかけているように、ため息の音型が折り重なるように展開していきます。 つづくフーガはスタッカート(音を短く切って弾く)が多く指示されていますが、ノンレガート(音をつなげないで弾く)と私は解釈しました。 同じように音符に点(スタッカート)が書かれていますが、その音によって意味が変わると思います。 アクセントを入れる、軽く弾く、ベースを重めに弾くなど、工夫してみると曲の流れが動きます。 転調がある時には、音色を変えてみると良いと思います。 テンポの取り方ですが、私は少し遅めに弾いているかもしれません。 前奏曲とフーガのテンポを同じにすることで、2曲の関係性がより感じられると思います。 またフーガは遅めのテンポではっきりとした音で演奏することで、緊張感が高まった部分と緊張感から開放された部分の差が際立つと思います。 前奏曲とフーガ、というとJ.S バッハの平均律クラヴィーア曲集を思い浮かべる方も多いと思います。 シューマンの小さなフーガを弾くには、バッハの作品であれば、平均律クラヴィーア曲集の前に練習する三声シンフォニアを何曲か弾いた経験があると、楽になると思います。 ところで、このシューマンの作品は、ソナチネアルバム1にも掲載されています。 またバッハの平均律クラヴィーア曲集第1巻より第1番前奏曲(グノー作曲アヴェ・マリアの伴奏に用いられたことで有名ですよね。)も掲載されています。 J.S Bach 平均律クラヴィーア曲集第1巻第1番BWV.848 https://youtu.be/YDlIz3kCmxc?

モーツァルト ピアノソナタKV.545第2楽章 ピアノ教室CAT ピアノねこだよりのブログ

イメージ
  曲が簡単なほど、音楽的に表現することは、むずかしい。 モーツァルト ピアノソナタ第16番K.545は、ソナチネアルバム1に掲載されており、ピアノ学習者が初めて弾くモーツァルトのピアノソナタになることが多いと思います。 前回はモーツァルト  ピアノソナタK.545 第1楽章について、趣味でピアノを習っているお子さんとその保護者の皆さん向けに解説しました。 今回は、第2楽章です。 この第2楽章のように、ゆったりとした速さの曲のことを緩徐楽章と言います。 テンポが遅めの曲は易しいと初心者の方は、初めは思うでしょう。 ところが、弾いてみると初心者の方は、テンポが遅めの曲はむずかしいことを理解するでしょう。 初心者の場合、まず自分の意図したようにテンポを遅めにすることが難しい。 ゆっくり弾くということは、1音にかかる時間もゆっくりしているので、1音1音をしっかり鳴らすために、指で手をしっかり支える必要があります。 指で手を支えきれないため、演奏者が意図したものよりテンポが速くなっていくわけです。 そもそも趣味でピアノを習っているお子さんの場合、緩徐楽章は練習しないこともあると思います。 それは、いくつか考えられる理由があります。 1 第1楽章や終楽章のように速いテンポの曲のほうが、指が回るようになるから。 2 緩徐楽章は表現の仕方が難しく、曲調も子どもには向かないから。 でも本当に、そうでしょうか? モーツァルトのピアノソナタK.545第2楽章は、美しい曲です。 明るさと切なさと、苦しみ、すべての感情を包み込むような美しい曲です。 楽譜を見る限り、これだけ音はシンプルなのに、深みのある音楽は、なかなか見ることができないと思います。 この曲を表現するのには、様々なテクニックを使って、1音1音の意味を考えて音を出すことが必要です。 しかし、そんなに難しいことだと思わないで下さい。 ここまで弾けるようになったのは、あなたの努力の結果です。 ぜひ緩徐楽章にも挑戦して、あなた自身が感じたことを表現してみましょう。 ピアノを弾くためのテクニックは、あとから身につきます。 ご一読頂き、ありがとうございました。 またお会いしましょう!