投稿

まだマスクを掛けています。ピアノ教室CATピアノねこだよりのブログ22

イメージ
  4月も後半になりました。 大型連休も待ち遠しいです。 お子さんと保護者の皆さんは学校の入学、進級を済ませ、一段落できる頃ですね。 ところで、私はこの4年間、ピアノのレッスン中はマスクを掛けています。外出する時もマスクを掛けています。 この頃では、マスクを外している人も増えていますが、レッスン中は、お子さんの頭の上で歌うことも多いということもあって、私はマスクを掛けることが習慣になりました。 もしかして、マスクを掛けてない私の顔を見たことがな い人がいるかも、と思うと自分でも驚きますが、マスクをかけてレッスンをしています。 手指のアルコール消毒は、私も生徒さんも習慣化しています。 あと1時間に一人、生徒さんが来るようにしています。 ピアノのレッスン時間は40分間なので、次の生徒さんが来るまで20分間、間が空きます。 なので生徒さん同士が顔を合わすことがないです。 空いている20分間は私の休憩時間で、お茶を飲んだりしています。 時間に余裕ができ、風邪も引かなくなりました。 ご一読頂き、ありがとうございます。 またお会いしましょう!(=^・^=) J.Sバッハ 初歩者のための12の小さな前奏曲第8番BWV927 by pianonekodayori

東京国際フォーラム ピアノ教室CAT ピアノねこだよりのブログ21

イメージ
  東京国際フォーラムは、複数のホールがあるコンベンションセンターです。 私は東京国際フォーラムの中で1番大きなホールにて、玉置浩二さんのコンサートを聴きました。 この写真は、コンサートが始まる前に撮影が可能なところで撮影 しています。 ステージにはオーケストラの楽器が置 かれています。 玉置浩二さんはオーケストラの演奏とともに歌いました。彼が歌うファルセット・ヴォイスもきれいです。時折、マイクを外して歌っていましたが、豊かな声量です。 情緒豊かな趣のある音楽がホールに響き渡りました。 ポップスとクラシック音楽の共演というようなコンサートでした。 YouTubeで過去のコンサートを収録した動画を見つけたのでご紹介します。 ご一読頂き、ありがとうございます。 またお会いしましょう!(=^・^=)

ダカン かっこう ピアノ教室CATピアノねこだよりのブログ20

イメージ
  ダカン かっこう Daquin Le Coucou by pianonekodayori (水色の曲名をタップすると、私のYouTubeチャンネルにつながります) 私がダカン作曲「かっこう」を演奏するときに気をつけたこと。小さな子どもに教えるときに気をつけること ルイ・クロード・ダカン(1694年生まれ〜没年1772年)はフランス人の作曲家です。 日本でいうと1694年〜1772年は江戸時代になります。 1694年ごろは第5代将軍、徳川綱吉、そして1772年ごろは第10代将軍、徳川家治が日本を治めていました。 1702年頃は赤穂浪士の事件があったり「奥の細道」で有名な松尾芭蕉が活躍していました。 1694年から1772年の間に活躍した文化人は、浮世絵師の葛飾北斎などがいます。 ダカンが「かっこう」を作曲した時の楽器は、ピアノの前身と言われる鍵盤楽器、クラヴサンでした。クラヴサンは英語ではハープシコード、ドイツ語ではチェンバロと呼ばれています。 クラヴサンと現代のピアノでは音を発する仕組みが違います。 私はこの古典楽器を弾いたことがないですが、現代のピアノで演奏するということは古典楽器のときとアプローチが違うのだと思います。 私が「かっこう」を弾いたとき気をつけたこと。かっこうは2羽いる。または、深い森の中にかっこうの鳴き声がこだまする。 左手の音型が、かっこうの鳴き声を模していることはわかりやすいですが、右手にも「かっこうの音型」が隠れています。右手の旋律は、ただ揃えて弾くのではなく、隠れている「かっこうの音型」を意識しました。 柔らかく軽い音色で、右手と左手の2つの旋律の絡み合いを表現しました。ここでも、ただ音を均一に揃えてはいません。指を動かして軽く弾く、指先を固定して肘から落とすように弾くなど色々な弾き方を使って、お話をしているかのように聞こえるようにしました。 私が「かっこう」を小さな子どもに教えるとき気をつけること。左手のかっこうと右手の旋律。 趣味でピアノを習っている小さな子どもの場合、まだ音の粒を均一に揃えて弾くことができません。まず音の粒を均一に揃えて弾けるようになることが、基本で大切なことです。色々な弾き方は、応用であって、できるようになるには年数がかかります。 なので、弾きやすい左手のかっこうは応用した弾き方を教えて、右手の旋律は音の粒を

日本の無料ブログ開設サービス「ムラゴン」ピアノ教室CAT ピアノねこだよりのブログ19

イメージ
ブログを書くことは、自分自身を表現することです。 自己実現の場とも言えます。 そして多くの方々に閲覧していただき、支えられています。 「ピアノ教室CAT ピアノねこだよりのブログ」は、Google Bloggerで世界中に配信されており、開設から3ヶ月で20数カ国から閲覧される、国際色豊かなコンテンツに成長しています。 今、世界では、多くの困難事例があります。 こうして私がブログ記事を執筆している間にも、困難に立ち向かっている方々がいるでしょう。 Google Blogger の素晴らしさは、私の知らないところで世界中の人々に配信されていることだと思います。 このブログの読者様の多くは、国外からのお客様です。 話す言語も歴史も習慣も異なる人々の集いの場です。 自由、平等、平和。 世界中に愛がありますように。 無料ブログ ムラゴン(登録無料) 無料ブログサービス ムラゴン 水色の文字をタップすると、日本の無料ブログ開設サービス、ムラゴンにつながります。

ドレミファソラシドは日本語じゃない!ピアノ教室CATピアノねこだよりのブログ18

イメージ
「ドレミファソラシド」(Do Re Mi Fa Sol La Si Do )は日本語じゃない!では、何語でしょうか? 日本語じゃない!当たり前でしょ、と言うなかれ。 結構、子どもたちは日本語だと思っているのです。 日本語ではないと子どもたちに伝えると大体の場合、驚きます。 「では、何語でしょうか?」と私が聞くと、いろいろな答えが出てきます。 圧倒的に多いのは、英語。次に多いのは、フランス語。 その子が知っている欧米の国の名前をあげてきます。中には、オーストラリア語(オーストリア語ではない。英語でもドイツ語でもない)という意見もあります。 フランス語は当たらずとも遠からずといった感じですが、答えは、イタリア語です。 というのは、日本の学校教育で使われている音楽の教科書がイタリア語音名を教えているからです。 イタリア語と言い当てる子は、残念ながら少ないです。 では日本語では音名をなんと言うのか? 「ハ ニ ホ ヘ ト イ ロ ハ」(ha ni ho he to i ro ha) 現代の日本語の平仮名は、50音順(a  i  u  e  o  ,  ka ki ku ke ko  etc. )ですが、明治時代より前は、イ ロ ハ ニ ホ ヘ ト(i ro ha ni ho he to)で習うことが一般的だったそうです。 明治時代にドイツ語音名(C D E F G A H C)を日本語に訳した人のアイデアなのでしょう。 C Dur は、ハ長調(ha tyoutyou)ですし、Es Dur は、変ホ長調(hen ho tyoutyou)です。 学校の音楽の教科書では、イタリア語音名なので、ピアノ教室でもイタリア語音名を使っています。 ただし、変化音はイタリア語音名に英語を付けて使います。 ファのシャープ(Fa sharp  ,Fis ,F#) シのフラット(Si flat ,B ,B♭ ) これも日本の小学生、中学生が音楽の教科書で習うことです。 調性の話が登場すると、日本語音名。ここで、ドレミファソラシド(Do Re Mi Fa Sol La Si Do )が日本語ではないことに子どもたちは驚く訳です。 コードネームが登場すると、英語音名。 音楽大学を受験する生徒はドイツ語音名を覚えます。 このように多言語の音名を使い分けるのですが、子どもたちには、肝心な日本語音名は馴染み

きらきら星とモーツァルト作曲「ああ、お母様。あなたに申しましょう」による12の変奏曲K265 ピアノ教室CATピアノねこだよりのブログ17

イメージ
チェルニー100のやさしいレクリエーション10番とモーツァルトきらきら星変奏曲テーマ by pianonekodayori (動画のタイトルをタップしていただくと、私のYouTubeチャンネルにつながります。1曲めはチェルニー100のやさしいレクリエーション10番きらきら星。2曲めはモーツァルト、きらきら星変奏曲のテーマ) 日本の子供用のピアノ曲集では、きらきら星(Twinkle twinkle little stars)が掲載されてないものは、ないほどです。 幼稚園でも歌うでしょうし、鍵盤ハーモニカで弾くことも習うでしょう。もしかすると、もともと日本で作曲されたと思っている小さなお子さんも多いかもしれないほど、メジャーな曲です。 ピアノの教材としてのきらきら星は、この動画にあるように、チェルニーがその著書である100のやさしいレクリエーションの10番として取り入れていることが影響していると推察します。 ではチェルニーはなぜ、きらきら星を取り入れているのか? それは、これも推察ですが、モーツァルトのきらきら星変奏曲K265の影響が大きいと思います。将来、モーツァルトの原曲に挑戦してもらいたかったのでは? モーツァルトの変奏曲K265のテーマは、もともとフランスの歌でした。 この歌が当時、ヨーロッパで流行して、イギリスに伝わります。 その時、替歌が作られました。それが、「Twinkle twinkle little stars」だそうです。 12 Variations on "Ah,vous dirai-je maman",K265  (「ああ、お母様。あなたに申しましょう」による12の変奏曲 K265)が日本ではきらきら星変奏曲と呼ばれるのも、替歌である「きらきら星」がイギリスから日本に伝わったためと言われています。 ところで、日本の子供用のピアノ曲集には、きらきら星が掲載されていることが多いと言いました。 私がレッスンで使っている子供用の教材の中にある「きらきら星」は、モーツァルトの変奏曲のテーマがそのまま掲載されています。ただし、装飾音は抜いた状態です。 私はこの曲をレッスンするとき、必ず、モーツァルトの変奏曲のテーマを演奏しています。 小さなお子さんにも、将来、本物のモーツァルトを弾いてもらいたいな、と思いながら弾いています。 Mozart

ピアノ教室はいつやめるのが一般的ですか?ピアノ教室CATピアノねこだよりのブログ16

イメージ
 ピアノ教室を辞めるのは、一般的にいつですか? これからピアノを習い始めようと、ピアノ教室を検索エンジンで調べてみると、「ピアノ教室はいつやめるのが一般的ですか?」という質問があることをよく目にします。 「これから始めることなのに」と思う方もいるとは思いますが、このような質問を検索している方は多いということなのでしょう。 一般的には、多くのピアノの先生が言うように、生徒であるお子さんの学年が上がったときでしょう。 学習塾に通い始める小学校3年生ごろ、中学生になることを意識して小学校5年生頃、小学校を卒業する頃がピアノ教室を辞めるタイミングとして多く、趣味でピアノを習っているお子さんの多くは、中学2年生ころまでにはピアノ教室を辞めているでしょう。 さてピアノ教室に通わせたい保護者の皆さんが、ピアノ教室を辞めるタイミングを知りたいのは、どうしてだと思いますか? 私はこの質問は、良い考えだと思います。 なぜなら、ピアノの先生から離れて、ピアノを弾くことが趣味となるのはいつ頃かという質問だと思うからです。 ピアノ教室でピアノを習いたい人は、自分自身で楽譜を読み、ピアノを練習して、好きな曲を弾くことを趣味にしたいと願っていると思います。 ピアノの先生の手助けがなくても、ピアノを趣味で弾けるようになるのは、ピアノ教室でソナチネアルバム1を習うようになった頃だと思います。年数だと4〜5年、ピアノ教室に通った頃だと思います。 ピアノを習うことは、新しい発見の連続です。 習い続けることで、いろいろな曲を知り、知識やピアノを弾くためのテクニックも知ることができます。 どうぞ期限を決めず、ピアノを習っている人自身が納得するまで、ピアノ教室でピアノを習ってみてください。 ピアノの先生は、ピアノを弾けるようになりたい人のお手伝いをさせていただくことに感謝します。 ご一読頂き、ありがとうございます。またお会いしましょう!🐱

日本のブログリーダーアプリ「ブログみる」ピアノ教室CATピアノねこだよりのブログ15

イメージ
 にほんブログ村のブログリーダーアプリ「ブログみる」 日本語版ウィキペディア(2023年10月5日(木)版)を引用すると、 にほんブログ村(日本語版ウィキペディア) は、ムラウチドットコムが運営する日本語ブログのコミュニティ▪サイトです。 このピアノ教室CAT ピアノねこだよりのブログも主に音楽教室とピアノ講師のカテゴリーで参加しています。 私は最近、ブログを書き始めたのですが、その前から、にほんブログ村は知っていました。有名ですものね。 この記事の左上の矢印をタップして、三本線をタップすると、にほんブログ村の入口があります。 にほんブログ村の良い所は、ウェブサイトであること。多くのカテゴリーからブログが読めます。 日本人は文章を書いて、発表することが好きな人が多いなあ、と思うことでしょう。 しかし、にほんブログ村は、どれを読もうかと目移りするほどなので、お目当てのブログを探す手間が少しかかります。 そのような時に、活躍するのが ブログみるAndroid版 ブログみるios版 ブログみる公式サイト すっきりとした画面で、お目当てのブログが探せます。 「お目当てのブログが、登録されてない❗」 大丈夫です。 URL やブログタイトルなどで検索するとすぐ見つかります。 アプリでフォローすると、すっきりとした画面で、お気に入りのブログをまとめて読むことができます。 ピアノ教室CAT ピアノねこだよりのブログは、Google Blogger で公開しておりウェブサイトで運営しています。ブログみるの検索機能で、すぐに探せます。フォロー登録もできます。 ただいま、シューベルトのピアノソナタ第13番第2楽章を練習しています。まとまってきたので、近々、演奏動画を投稿できそうです。 https://www.youtube.com/@user-pianonekodayori3/ ご一読頂き、ありがとうございます♥️ またお会いしましょう🎵😸

ベートーヴェンピアノソナタ第19番Op.49-1ピアノ教室CATピアノねこだよりのブログ14

イメージ
 ベートーヴェン ピアノソナタOp. 49-1 全楽章を通して録画しました。 今回は練習に少し、時間がかかりました。 「やさしいソナタ」と呼ばれていますが、それは曲の規模が小さいだけで、音楽的に演奏するのは難しいと思います。 私が難しいと思うポイントを解説します。 第1楽章 テンポの設定をどうするのか? テンポを速めにする、または遅くすることで曲の印象が大きく変わります。 嘆きのフレーズがあることから、遅めに弾く解釈もありそうですね。 私も遅めに弾いてみたりしましたが、少し速めに弾くことを選びました。 淡々と曲を進める中で、ポリフォニーを意識してみました。 第2楽章 テンポの設定をどうするのか? 第2楽章もテンポの設定について悩みました。 演奏の技巧は、第2楽章の方が格段に難しいです。 まず8分の6拍子で速めに演奏するため、2拍子でテンポを取る必要があります。 弱起で始まるため、曲の出だしのリズムの取り方が難しい。 途中、ト短調に転調したフレーズはより1拍めを感じるようにする。 私は、この楽章をダンスミュージックのように捉えています。目まぐるしく印象を変えて登場する各パートを、どうまとめるかが最大の問題でした。 全楽章を通して 全楽章を通して演奏する時、私は楽章の間をどう取ればよいのか。 ベートーヴェン ピアノソナタ第19番Op.49-1 By pianonekodayori 曲目をタップして頂くと、私のYoutube チャンネルにつながります。 ご一読頂き、ありがとうございます♥️ またお会いしましょう🎵😸

チェルニー100のやさしいやさしいレクリエーションNo.1~10 ピアノ教室CATピアノねこだよりのブログ13

イメージ
趣味でピアノを習う日本の子供たち。 ピアノ教室に通って来ている日本の子供たちの多くは、ピアノを弾くことを趣味にしたいと思っていると推察します。 私は、ピアノを弾くことを趣味にしたい人たちの夢を叶えるお手伝いをしています。 弾いてみたい曲はあるけれど、小さなお子さんの場合、すぐその曲を練習することは難しい。 まず音楽に触れ音楽を聴く力を育てながら、音、リズムなど楽譜について学ぶことが必要です。 なので、いきなり好きな曲ではなくピアノ教本を、少しレッスンが進むとピアノ練習曲と他の曲集というように教材としての楽譜を用いることが一般的だと思います。 私はチェルニー100のやさしいレクリエーションは、自分のピアノ指導を研究するために使っていて、レッスンでは生徒さんはこの曲集を学んではいません。 さて、チェルニー100のやさしいレクリエーション、今回は1~10番です。 チェルニー100のやさしいレクリエーション1~10番 By pianonekodayori 曲名をタップして頂くと、私のYoutube チャンネルにつながります。 チェルニー先生の練習曲 ピアノ教室CAT ピアノねこだよりのブログ8 で書いたように、チェルニーはピアノ練習曲を多く作曲しました。 チェルニーのもとには、職業音楽家を目指す弟子が学びに来ており、後世に名を残す音楽家が集っていたことが知られています。 しかし、この100のやさしいレクリエーションを見ると、職業音楽家を目指す方向ではなく、趣味でピアノを習いたい人に向けた曲集では?と思えるのです。 そして好きな曲を練習する前に、まず練習曲を弾きましょうと語っているように思えます。 1番は、きらきら星によく似た曲。9番まで練習曲のような曲が続きます。 2番は「山のぼり」(means mountain climbing) という題で、日本の出版社が色々な作曲家の作品をまとめた曲集で掲載されているのを知っています。 そして10番目は、きらきら星。 日本の子供用の曲集には、きらきら星が多く掲載されています。 日本できらきら星が広まった経緯は、研究している所があるので、そちらをご参照下さい。 チェルニーが10番目にきらきら星を選んだ理由は、モーツァルトの有名な変奏曲だと思います。 モーツァルト作曲「ああ。お母様、あなたに申しましょう」の主題による12の変奏曲 K265